RSS

2015年7月 研修会

 

2015年7月10日~11日に行われた、今年度の愛植物設計事務所の研修旅行の様子をご紹介します。

今年は、栃木県那須郡那珂川町の「高瀬観光やな」、「広重美術館」、「乾徳寺・すくすくの森」、「小砂地区よろこびの森」、茨城県大子町の「奥久慈憩いの森」、「袋田の滝」を訪問しました。


2日目

<小砂地区(こいさごちく)よろこびの森>

 小砂地区は平成25年に「日本で最も美しい村」連合への加入が認められた地域で、その小砂地区にある「よろこびの森」は手の入らなくなった薪炭林を地元の林業振興会の方々が整備した森です。現在では森のアスレチックとして開放されるほか、様々なイベントが開催される場所となっています。当日は、小砂Village協議会の会長、副会長、事務局長に森の手入れや美しい村連合加入までの経緯などのお話をお聞きしながら森や周辺の田んぼなどを散策しました。

いざ、よろこびの森へ

    森のアスレチックで童心に返る

お隣には小砂里山の芸術の森があります

近くの田んぼでは棚田オーダー制度も行われています
田んぼではトウキョウダルマガエルがこんにちは 林業振興会の方々の管理のお陰で美しい森が維持され、今ではホタルがたくさん見られるそう
解説して頂いた小砂Village協議会の皆さんと記念撮影

<奥久慈・憩いの森>

 奥久慈憩いの森は、第27回全国植樹祭(昭和51年)の開催を記念して造られた森で、植樹際後は、大会テーマの理念に基づいて県民の保健休養と、青少年の情操豊かな人間形成の場を提供することを目的に整備が進められました。弊社との関わりとしては、昭和52年度に整備のための基本構想・計画の策定および基本設計を行いました。昭和52年当時の写真を手に山頂のモニュメントまで歩きました。

昭和52年の植林地

平成27年のお手植え地

お手植え地から植樹地を望む

お手植え地(近景) お手植え地から植樹地を望む

<袋田の滝>

 久慈川の支流滝川にかかる袋田の滝は、日本三大名瀑に数えられる高さ120m、幅73mの大滝です。また、袋田周辺ではフクロダガヤやミヤマスカシユリといった珍しい植物が生育しています。当日は滝の規模の大きさに圧倒されながらも、岸壁に咲くミヤマスカシユリの美しさに写真を撮ったり、顕微鏡を覗くなどして各々楽しみながら見学をしました。


袋田の滝トンネル

トンネルを抜けるとそこは…

大迫力の袋田の滝

木々の緑が美しい袋田の滝
岸壁に咲くミヤマスカシユリ ミヤマスカシユリを見つけ、夢中でシャッターを切る
山野草のお店にはイワヒバがずらり

前のページへ ページトップへ